ポリコムジャパン、新たなマイクロソフト連携用ソリューション、

Polycom MSR シリーズを発表


国際標準規格に準拠したユニファイドコミュニケーション & コラボレーション (UC&C) 分野の世界的リーダーである ポリコムジャパン株式会社 (本社:東京都新宿区、代表執行役社長 小池 信行、以下 ポリコム)は、本日、マイクロソフト連携用ソリューション、Polycom MSR シリーズを発表しました。

Polycom MSR シリーズは、使い慣れた Skype for Business のエクスペリエンスと、業界トップレベルのポリコム音声周辺機器およびビデオ周辺機器とを組み合わせて、会議エクスペリエンスを向上させる次世代の Skype Room System です。Polycom MSR シリーズは、さまざまな規模の会議室で最適なエクスペリエンスを実現するため、複数の構成で提供されます。まず、Polycom MSR100 および Polycom MSR200 は小部屋もしくは小規模な会議室に最適です。Polycom MSR300 は中~大規模の会議室に適しており、ポリコムで主力の音声会議システム Polycom Trio 8800および 12 倍光学ズームを備えた高性能なパンチルトズーム USB カメラが含まれています。Polycom MSR400 は中規模な会議室に適しており、360 度のパノラマ映像を実現するカメラ Polycom CX5100 や発言者の自動追跡機能などを提供します。MSR500 は、複数の拠点の会議室に一貫したエクスペリエンスを導入するためのパッケージソリューションです。

これらの Polycom MSR シリーズの中核となるのが、Surface Pro を搭載したPolycom MSR ドックです。各規模の会議室中央に配置し、Skype for Business ユーザーが使い慣れたユーザーインターフェースで、遠隔とのコミュニケーションをさまざまな面で簡単にコントロールすることができます。

長年にわたる経験により培われたさまざまな音声技術によって実現されるクリアな音声品質や、HD 品質の映像をマイクロソフト環境でも実現できるようになり、使いやすい Skype for Businessとの最適な組み合わせにより、コミュニケーションの質を飛躍的に高められます。

ポリコムは、これまでおよそ 15 年間、マイクロソフトの高性能なコラボレーションプラットフォームをご使用のお客様に HD 品質の音声および映像を提供してきました。昨秋、米国ポリコムは、さらに広い範囲のお客様にこれらのエクスペリエンスを提供するために、マイクロソフトとポリコムとの提携関係をさらに拡大することを発表しています。ポリコムソリューションは、Skype for Business、Office 365、さらには、Microsoft Teams と統合することで、高性能なコミュニケーションハブを実現し、今後も新たなソリューションを市場に展開してまいります。

出荷情報

本日発表の製品は、ポリコムの認定販売代理店を通じて、2018年7月30日より正式に販売開始致します。
価格はすべてオープンです。

ご参考資料

製品詳細は弊社Webサイト内、製品ページおよび製品データシート(*)をご参照ください。 (*) 製品データシートは、製品ページ内、「リソース」に掲載されています。
Polycom MSR シリーズ 製品ページ

ポリコムについて

ポリコムは、人々が直面するさまざまな”距離”の問題を解決し、“コラボレーション”の力を無限大にします。世界中で 40 万以上のお客様が、ポリコムのセキュアなビデオ、音声、およびコンテンツソリューションにより、あらゆる “距離” の問題を解決し、組織における生産性の向上および新しい価値の創造、教育・医療環境の拡充などを実現しています。ポリコムは、世界中のパートナー企業と共に、高品質なユーザーエクスペリエンス、多くの UC 環境との高い相互運用性、投資の保護、あらゆる環境で使用可能な柔軟なコラボレーションソリューションを提供します。ポリコムの詳しい情報は、www.polycom.co.jp をご覧ください。

Polycom および Polycom のロゴは、Polycom, Inc. の米国およびその他の国における登録商標または商標です。その他の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

以上

本件に関する報道関係者のお問合せ先
ポリコムジャパン株式会社
E-mail: jpmedia@polycom.com