ポリコムのファシリティソリューション - ポリコムジャパン

ファシリティ向けソリューション

概要

現在の職場環境では、コラボレーションが鍵となります。職場環境の変革を成功させるためには、ファシリティマネージャーは外部サプライヤー、社内 IT 、人事、マーケティング部門と連携し、新しいオフィスデザイン、就業規則、テクノロジーを統合する必要があります。ポリコムソリューションは、オフィスのスペースを最適化し、さらにコラボレーションに適した環境を提供することで、職場環境の変革をサポートします。

職場環境を最適化することにより、企業全体で、快適性、利便性、健全性、安全性を提供するオフィススペースを実現できます。職場環境の最適化は、美観と快適さだけではなく、 従業員のパフォーマンス、効率性、さらに満足度の向上も意味します。

従業員数 1,800 人の、世界中のユーザー向けオンライン PC ゲーム制作会社である Gamania Digital Entertainment 社 の  成功の鍵は、コンテンツ共有によるコラボレーション、リアルタイムのブレインストーミング、共通目標の設定です。ポリコムとマイクロソフト製品で統合された音声およびビデオコラボレーションを採用したことで、同社が求めていた柔軟性の高い職場環境が実現されました。Corporate Information Technology 部門のディレクターである Sam Juan 氏は、次のように述べています。「このポリコムソリューションにより、弊社は年間 14,000 米ドル、支出を軽減できました。ダウンタイムの削減とスピードの向上によって、生産性が 2 倍になり、結果的に製品化までにかかる時間も大幅に短縮されました」

ファシリティチームには、職場における業務効率の向上を実現することがますます求められています。たとえば物理的なオフィス空間を効率よく使用するといったビジネス面での生産性向上と、個人ベースの生産性向上、それぞれのゴールに向けてバランスをとっていく必要があります。また、固定設備費は低く抑えつつ、意思決定の迅速化を可能にし、優秀な人材にを惹きつける、コラボレーティブな職場環境を提供することを求められています。

オランダのニーウェガインの地方自治体は、65,000 人の住民にサービスを提供しています。複数に分かれていた役所が新しい建物に統合されると、シニアシステム・ネットワーク管理者の Frederik Lefevre 氏は、柔軟性あふれるホットデスク環境の導入を決定しました。ポリコムのデスクトップソリューションを活用することで、従業員は自分の机から解放するものでした。「ホットデスク環境を成功させるためには、職場内でソリューションの普及と継続的な利用が必須でした。また操作が簡単で、そのメリットがひと目でわかるものでなければなりません」と Lefevre 氏は述べています。ソリューションは速やかに普及し、自治体は急速な生産性の向上を実現しました。

どのような企業のイベントやプロジェクトでも、実現までにはいくつもの段階を踏む必要があります。多大な時間を要し、膨大なリソースを必要とし、また、計画するだけで費用がかさんでしまうことも多々あります。ポリコムのリアルタイムの音声およびビデオ コラボレーション ソリューションにより、このようなプロジェクト管理の効率化を実現する支援をします。

UBIFRANCE 社は、経済使節団が 28 か国から 44 か国に拡大したことに対応するため、ポリコムソリューションを採用しました。さまざまな顧客とのコミュニケーションを必要とする 1500 名の従業員に大規模なネットワークを提供しています。品質と信頼性により、従業員の専門性が向上し、プロジェクト管理における品質も向上しました。

ポリコムは、効率的な職場環境を作るために必要なコラボレーションツールを、さまざまな場所にいるプロジェクト管理チームに提供します。このコラボレーションツールにより、いつでも重要なリソースへアクセスができ、重要な情報やコンテンツの共有、迅速な意思決定が可能になります。

ファシリティチームは、世界各国に点在する多くのステークホルダーが関与するプロジェクトを率いることがよくあります。ポリコムのビデオ コラボレーション ソリューションを使用することにより、世界中どこからでもオフィスのメンテナンス、ローンチ、トラブルシューティングを行えます。

高級キッチン設備メーカーの Boretti 社では、ポリコムソリューションを採用し、お客様が場所を問わず利用できる、モバイルショールームの提供を行っています。このサービスにより、ビデオ会議システムを通じてショールームに接続し、リアルタイムで製品の特定、診断、修繕、トラブルシューティングを行えます。CEO の Bob Britman 氏は、「Boretti 社の開発と成功にとって、ビデオコラボレーションは欠かせないツールであり、組織内のコミュニケーションスタンダードです」と述べています。

ポリコムの HD 品質のビデオおよび音声コラボレーションツールは、Web カメラ、タブレット、スマートフォンからも利用することができます。これにより、遠隔操作による管理したり、問題や疑問点を視覚化して遠隔地にいる専門家やベンダーと共有することができます。その結果、効果的でタイムリーなトラブルシューティングが可能となります。修理やメンテナンスを行う前に必要な時間と管理が大きく削減できるので、業務の中断を最小限に抑えられます。

業界動向

新世代の従業員に対応する
職場環境の提供

スマートな人材に合った、
より良い職場環境の構築

ポリコムの音声、ビデオ、コンテンツ共有
ソリューションが、

を開きます。コストのかかるオフィススペースを
最大限に活用することで、どこにいても
ひらめきとコラボレーションが可能です。
より柔軟な世界への展望


ビデオコラボレーションにより、社外における
従業員の業務効率を向上します。
柔軟な作業スタイルは、時間を
節約できるだけでなく、高い生産性と
組織の二酸化炭素排出量の削減に
つながります。


の調査によると、オフィスと物理的な
職場の役割は、コラボレーションを
支援するものへと急速に変わっています2



ポリコムソリューションでは、メールの代わりに
インタラクティブなホワイトボードを
利用することで、設計図に書き込んだ内容を
リアルタイムで遠隔地の参加者と
共有できます。これにより、
言葉以外の フィードバックやニュアンスを
読み取ることができ、より良い結果に
つながります。
いかなる作業にも注力

ポリコムソリューションを利用すれば、
遠隔地にいながら、現場に立ち会うことが
できます。トラブルシューティングの
効率が大幅に向上するだけでなく、
どこにいても、適切なタイミングで、
問題解決に適した専門家を招くことも
可能です。
柔軟な職場環境による
社員の生産性向上の割合1
出典: 1 Daniel Sonsino、 2013.「Four Considerations for Flexible Work Practices.」、Argyle Journal、 Argylejournal.com. 2 Marie Puybaraud、 2011.「Collaboration 2020: Hype or Competitive Advantage?」、Johnson Controls、 Johnsoncontrols.com.

導入事例

リソース

関連製品とサービス