国家安全保障

概要

軍隊、州兵、公安、入国管理官、および税関職員にとって、リアルタイムでのコミュニケーションは重要です。政府機関では、無線、音声およびデータによるコミュニケーションが長年にわたり業務に活用されてきました。新しいテクノロジーの登場が、政府機関の運営、任務の遂行、および戦術を変えようとしています。

慎重に扱わなければならない問題や、世界の安全保障にかかわる問題に対応する場合、状況、地理、文化、組織などの障壁により、情報を効率的に共有できないことがあります。危機的な状況においては、ストレスが高まるため、顔の表情や身振りなどの非言語コミュニケーションを通じて、意思決定者が情報を的確に理解していることを確認する必要があります。

ユニファイドコミュニケーションは、情報をより効率的に共有し、複雑で時間的制約があり、迅速にこなす必要のある業務を調整するために重要となります。また、ビデオコラボレーションは、現場の部隊だけでなく、指揮本部にいる将校の状況認識を高める重要なアプリケーションです。

Polycom RealPresence プラットフォームは、軍隊の情報処理システム C4I (Command、Control、Communications、Computer、Intelligence) およびモバイルコミュニケーション機能と統合されています。国内外で危機が迫ったときに、意志決定プロセスを迅速化させます。

政府機関向けポリコムソリューションの特長は、以下のとおりです。

  • 省庁間の連携の向上 - 高い相互運用性を備えた認定済みポリコムソリューションを使用することにより、省庁間のコラボレーションと国際協力を促進することができます。
  • 最善の準備 - 兵士、保安要員、法執行官は、現場や教室でのトレーニングにビデオ会議を活用することによって、任務を成功させるために準備を強化することができます。
  • セキュアで信頼性の高いコミュニケーションの確保 - Polycom RealPresence プラットフォームを使用することによって、さまざまな状況下で音声および映像による効率的かつ安全なコミュニケーションを実現することができます。
  • 新しいサービスの提供 - 家族とのコミュニケーション、兵士の健康管理、遠隔教育などにビデオ会議を使用することによって、隊員の士気を高めることができます。

 

リソース

関連製品とサービス