司法サービス

概要

ポリコムソリューションは、司法制度の合理化と再犯率の低減をサポートします。

ポリコムのユニファイドコミュニケーション (UC) ソリューションは、裁判所、矯正施設、保護観察制度、仮釈放制度、法執行などの司法サービスで幅広く使用されています。これらの UC ソリューションは、事件の処理にかかる時間の短縮、違反者や受刑者の施設間の移送に関連するコストやリスクの低減を実現します。

ポリコムの司法サービス向けコラボレーションソリューションを使用することにより、逮捕、取り調べ、調査、起訴、判決などのプロセスを迅速かつ効率的に行うことができます。参考人の事情聴取は、遠隔地から行うことができ、 子供や家族の安全を確保した上で証言を取ることができます。

ポリコム コラボレーション ソリューションは、複数の機関が関与する場合に若年者の生活と家族とのコミュニケーションを改善できるようにし、児童福祉と少年司法とをまたぐ若年層をサポートします。

ポリコムのモバイル用ビデオ会議アプリケーションをタブレット、ノート PC、スマートフォンなどで使用することによって、法執行官は、遠隔地にいる裁判官に令状発付を申請することができます。それにより、プロセスを効率化および迅速化し、コストを低減することができます。

政府機関向けポリコムソリューションの特長は、以下のとおりです。

  • 安全上のリスクの軽減 - 受刑者の移送を低減することにより、安全を強化
  • スタッフの専門知識の向上 -職務に必要な知識とスキルを育成するためのトレーニングを提供
  • 公共の安全の向上 - 安全かつコスト効率的な方法で、被害者、証人、受刑者、それらの家族や友人などの裁判関係者の接触を制限
  • 資本コストおよび運用コストの削減 - リスクの高い犯罪者移送を低減するとともに、裁判員、弁護士、係争者、証人などが移動にかかる時間とコストを削減
  • 社会復帰成功率の向上 - 福祉担当者や家族による受刑者の面会に使用することによって、関係維持を可能にし、 投獄および拘留から出所、社会復帰までの移行を支援
  • 教育の向上 - 受刑者のニーズと能力を評価し、新しい学習方法や訓練などを含む個別の支援計画を共同で作成
  • 受刑者の健康管理の改善 - ビデオ会議を利用して、矯正施設で精神疾患や伝染病に苦しむ患者に対する治療を改善

導入事例

リソース

関連製品とサービス