危機管理

概要

チームの連携、現場でのコミュニケーション、トレーニングなど、警察や消防隊にはさまざまなニーズがあります。これらのニーズを満たすには、クリアなコミュニケーションに加え、地図、グラフ、建物の図面、衛星画像、監視カメラの映像、各種記録、法医学的証拠などの詳細情報の共有が必要になります。

Polycom RealPresence プラットフォームは、さまざまな場所から使用できるセキュアなビデオコラボレーション環境を提供します。このコラボレーションエクスペリエンスによって、離れた場所で活動するチーム間でも、まるで同じ場所にいるかのようにコミュニケーションを行うことができます。RealPresence プラットフォームを使用することにより、組織は緊急事態に迅速に対応でき、危機管理室や指揮本部にいる行政関係者と現場の映像を共有することができます。

多くの政府機関では、e ラーニング施策の一部として、音声およびビデオ会議、レコーディング、ストリーミングを利用した危機対応プログラムの作成を進めています。それにより、コストを大幅に削減し、緊急救援隊員が緊急事態への対応、復旧、復興で必要となる知識や技能を迅速に身に付けられるようにすることを目指しています。

ポリコムの行政機関の危機管理向けソリューションの特長は、以下のとおりです。

  • コスト削減と時間の節約 - 知識と技能を迅速に身に付けるためのトレーニングプログラムを提供し、ユニファイドコラボレーションを活用することで、より効率的に緊急事態に対応
  • 災害対策本部と指揮本部のコミュニケーション - 状況を迅速かつ正確に評価して、共通活動指針をリアルタイム策定
  • 調整の迅速化 - 人と情報に迅速にアクセスして、緊急事態における担当者の連携と情報共有を強化
  • 意思決定の強化 - 決定者と担当者が情報を共有し、計画を実行し、危機的状況を管理できるようにすることで、運用の有効性を高めることが可能

導入事例

リソース

関連製品とサービス