ネットワーク
モニタリングおよび
リモート
コンサルティング

リアルタイムでネットワークパフォーマンスを管理する
クラウドベースのシンプルなサービス

リアルタイムでネットワークパフォーマンスを管理するクラウドベースのシンプルなサービス

ネットワークで円滑にビデオ会議を行えるようにするには、エンタープライズ IP ネットワークを適切に設計し、パフォーマンスを高める必要があります。IP ネットワークでビデオトラフィックの優先度が低い場合や、十分な帯域幅がない場合、ビデオ品質は低下します。ネットワークのパフォーマンスを事前に評価することによって、音声や映像のトラフィックニーズに対応し、パフォーマンスに影響を及ぼす要因を解決するなど、ネットワークを準備することができます。

その結果、時間、コスト、およびリソースを節約することができます。ソリューションの導入後も、ネットワークパフォーマンスの監視を継続的に行うことで、IT チームは問題を未然に解決し、ビデオ配信サービスへの影響を最小限に抑えることができます。

ポリコム UC ネットワーク モニタリング サービスは、ネットワークパフォーマンスの評価をサポートする、 クラウドベースのアプリケーションと非侵襲的なデバイスを活用したソフトウェア サブスクリプション ベースの年間サービスです。

本サービスにより、組織の IT チームおよびネットワークチームは現在と過去のネットワークのパフォーマンスを把握することができます。さらに、オンラインポータルでは、 1 日 24 時間、週 7 日間いつでもパフォーマンスの統計を表示できます。

ポリコムは、IT チームをサポートするリモート コンサルティング サービス も提供しています。コンサルティングサービスでは、ポリコムのコンサルタントが監視ツールやアラート機能の設定のサポートおよび 統計結果の解説や改善に向けたアドバイスを提供します。

コンサルティングサービスのご利用期間は次のとおりです。

  • 1 日 (ソリューションの設置をサポート)
  • 1 年間のうち 6 日間 (設置サポート、レポートや監視ツールの結果に関するコンサルティングおよび評価)

ポリコム UC ネットワーク モニタリング サービスの主な特長は、以下のとおりです。

  • 時間、コスト、リソースを節約 - 導入前にネットワークを評価することで、ネットワークが音声や映像のトラフィックに対応可能かどうかを確認し、問題があれば導入前に解決
  • コミュニケーションを簡素化 - ビデオのネットワーク要件を定義し、ネットワークがビデオを適切にサポートしなくなる時間と場所を正確に表示することで、企業のネットワークチームとサービスプロバイダーとのコミュニケーションを簡素化
  • リスクを事前に特定 - リアルタイム機能により、問題をより迅速に特定および解決
  • 経済的でシンプルな非侵襲的のクラウドベースモデルを使用 - 質の高いユーザーエクスペリエンスを確保
  • 1 つの総合的なソリューションとして提供 - ネットワークの評価、継続的なモニタリング、レポーティング、予防的なアラート


ポリコム UC ネットワーク モニタリング サービスの主な特長は、以下のとおりです。

  • アクティブな監視 (1 日 24 時間、週 7 日間) - 音声およびビデオ会議用パケットの帯域幅使用率、パケットロス、遅延、ラウンドトリップ遅延、ジッター
  • パスの一貫性 - IP ルート変更の頻度を監視し、パスとパフォーマンスに関する問題をの相関関係を特定
  • DSCP マークの一貫性 - マークされたパケットに対しクリアされた DSCP マークが途中にあるかを判別し、変更しているルーターを識別
  • SQD (Service Quality Definition: サービス品質定義) - テスト対象の各パスで品質要件を定義してアラートを許可
  • 自動診断 - 障害発生時にはレイヤー 3 で障害を分離
  • ネットワーク負荷テスト - ビデオ会議通話の負荷を直接エミュレートし、ネットワーク ストレス テストを実施
  • フローの可視化 (オプション) - ネットワーク接続を使用しているユーザーとトラフィックを表示
  • リモート追跡 (オプション) - クラウドサービスを使用して標準の pcap ファイルをキャプチャおよびアップロード

リソース

関連製品とサービス