リソース


さまざまなリソースをご活用ください。

ポリコムビデオ活用センターへようこそ。ポリコム製品の詳細についてご案内します。

デスクトップ PC から さまざまな規模の会議室、 イマーシブ テレプレゼンス システムまで、 世界中の多くの人が、同僚、パートナーとのコミュニケーションに、ポリコムのソリューションを活用しています。これにより迅速な意思決定や円滑なコミュニケーションが可能となり、生産性の高いチームの形成を実現しています。

よくある質問 (FAQ) Top 10

1. リモコンの使い方を教えてください。

「リモコンの使い方」をダウンロードしてください。

2. ビデオ会議の前に自分がどのように映るかプレビューできますか?

はい。ディスプレイに自分が映るので、通話の前に確認できます。自分がフレーム内に収まっているか、部屋の明るさが適切か、背景に邪魔なものがないかを確認できます。通話の開始後も、[PIP (子画面)] ボタンで自分の映像を表示できます。

3. 自分の声が相手に聞こえているかどうかをどのように確認できますか?

リモコン (または PC) の音量設定を確認し、必要に応じて調整してください。また、会議の開始時に消音 (ミュート) になっていないことも確認してください。大きな声でなくても、普通の音量で話せば十分に聞こえます。マイクの近くでは、紙をめくる音や雑談などが相手側に聞こえる場合がありますので、ご注意ください。

 4. 周囲の雑音で会議が妨げられる場合があります。どうすればよいですか?

発言しないときは消音 (ミュート) にしてください。消音モードは会議のスムーズな進行に欠かせません。通話相手に質問するときは、内容が聞こえるように相手が消音モードをオフにする時間を考慮して、相手が応答するまで数秒待ってください。

 5. ビデオ会議で自分の PC のコンテンツを会議の参加者と共有するには、どのようにすればよいですか?

Polycom® People+Content™ ソフトウェアを使用すると、ビデオ会議システムと PC をケーブルでつながなくてもネットワーク経由で他の参加者にコンテンツを送信できます。(無料のソフトウェアをダウンロード) アプリケーションを起動して、ビデオ会議システムの IP または H.323 (例: 172.19.22.163) を入力し、アプリケーションの紫色の [Play (再生)] ボタンをクリックするだけで、 PC のコンテンツがすべての参加者に表示されます。注: ディスプレイの内容が表示されるので、インスタントメッセージや電子メールアプリケーションのポップアップウィンドウを事前に閉じておくことをお勧めします。定例会議など、あらかじめ予定されている会議の場合、事前に会議資料を参加者に電子メールで送信しておくこともできます。

 6. ビデオ会議でのプレゼンテーションの成功に不可欠な要素は何ですか?

最初は慣れないと思いますが、 参加者全員に話しかけるときは、ディスプレイではなく、カメラのレンズを見てください。会議の参加者と目線が合うことで、より積極的な参加を促すことができます。また、視界に邪魔なものが入らないように背景を整頓しておくと、気を散らすことなく話者の内容に集中できます。

 7. 他の地点をビデオ会議に追加するには、どのようにすればよいですか?

複数の場所の参加者と通話する場合は、ビデオ会議の多地点接続機能を使用してください。この機能では、すべての参加者が接続サーバーにダイヤルしてビデオ通話に参加できます。コンセプトとしては、多地点接続の音声会議にビジュアルコミュニケーションが追加されたようなものです。一部のビデオ会議システムには、多地点会議機能が搭載されています (この機能が利用できるかについては、システム管理者にお問い合わせください)。通話中に [Dial (ダイヤル)] ボタンを押して追加したい地点の番号を入力するだけで、簡単に接続できます。

 8. 「テレプレゼンス」と「ビデオ会議」の違いは何ですか?

「テレプレゼンス」とは、大型シネマビジョン型スクリーンなど、特別に設計された会議室環境での極めて高品質な遠隔会議ソリューションに使用される用語です。「ビデオ会議」とは、従来型のビデオシステムで使用される用語です。最近では HD 対応のシステムが多く採用されているため、HD ビデオ会議と表す場合もあります。

 9. ビデオ会議では控えた方がよい動作はありますか?

カメラの前ですから、人に見られたくない行動は慎みましょう。相手が実際に目の前にいるときのように振舞うことをお勧めします。椅子を揺らす、テーブルを叩くなど、マイクの前で音を立てるような動作はしないでください。普通の声量で話し、他の人が発言中は隣の人と雑談しないようにしてください。自分が発言していないときは、マイクを消音にしてください。

 10. ホームオフィスでビデオ会議を使用したいと考えていますが 可能ですか?

はい。会議室用およびイマーシブシステムに加えて、ポリコムではビデオ会議ソフトウェア クライアント アプリケーション、CMA Desktop を提供しています。詳細については、ポリコムの営業担当者までお問い合わせください。

1. テレプレゼンスおよびビデオ会議が投資に見合っているかを評価する指標は何ですか?

出張費の削減は一般的に知られているメリットの 1 つですが、 それ以外にも多くの組織では、リアルタイムのコラボレーションを活用することで社内トレーニング、面接、採用活動、プロジェクト管理などにともなう諸経費を抑えることに成功しています。具体的な例については、こちらをご覧ください (英語)。テレプレゼンスおよびビデオ会議の活用で得られる平均的な効果は次のとおりです。

  • 出張費を 30 % 削減
  • 新しい製品およびサービスの市場投入までの期間を 24 % 短縮
  • ダウンタイムを 27 % 短縮
  • トレーニング費用を 25 % 削減
  • 採用までの期間を 19 % 短縮
  • 営業関連費を 24 % 削減

投資効果の有効性の詳細

2. テレプレゼンスおよびビデオ会議システムに対するユーザーの認知度を高め、普及させるには、どのようにすればよいですか?

使いやすいインターフェースに加え、テクノロジーに関するユーザーの知識向上により、「コラボレーション文化」は以前より身近なものになってきましたが、 ビジュアルコミュニケーションのビジネス面、運用面、コスト面での効果を十分に発揮するには、ビデオ会議を推進するリーダーにさらなる取り組みが求められます。組織内でビデオ会議を迅速に導入および普及させるために、次の 5 つの項目に取り組んでみてください。

  1. 社内でビデオ会議の推進リーダーを任命して、使用率の向上を働きかける
  2. システムや環境全体を利用しやすいものにする
  3. 「ビデオ会議活用プロジェクト」を立ち上げて促進する
  4. ビデオ会議の活用方法や有効性について、組織内で熟知させる
  5. 利用状況を調査し、ユーザーの意見を取り入れる


詳細については、「ビデオ会議使用率の向上(英語)」をご覧ください。


3. コラボレーションソリューションは、どのように CO2 排出量削減に貢献できますか?

地理的に制約されることなく、従業員、パートナー、およびお客様がどこにいてもコラボレーションすることが可能なため、不要な出張をなくします。つまり、コラボレーションソリューションを利用することにより、離れた場所のチームとのバーチャル会議が可能となり、 その結果、移動に伴う CO2 排出量が削減されます。

たとえば、ロサンゼルスとニューヨーク間を往復して行っていた会議をビデオ会議に変えれば、1 回の会議につき、自動車 1 台の年間排出量に相当する CO2 排出量を削減できます* (出典: コンサベーションインターナショナル)。

CO2 排出量の削減と環境問題への取り組みの詳細については、こちらをご覧ください。