ビデオ会議の
セキュリティの確保
について

~ セキュリティ攻撃からポリコム製品を守るために~

企業、政府機関、教育機関、医療機関、金融機関では、日常業務の生産性と効率性を高めようと取り組んでいます。

ビデオ会議は、その目標を達成するうえで、必要不可欠なものになっています。ビデオ会議に安全性は不可欠です。また、ビデオ会議参加者が保護されていることを実感し、ビデオ通話中に安心して機密情報を共有できることが重要です。


ポリコムはセキュアなビデオ会議の提供を最重要視しており、幅広いソリューションにセキュリティ機能を搭載しています。ビデオ会議端末からインフラストラクチャにいたるまで、ポリコムのソリューションは、今日で最も厳格な国際標準規格に準拠したセキュリティ機能を備えています。ビデオ会議システムの使用方法がベストプラクティスと一致していれば、これらの機能でネットワーク間を通過する音声、映像、データトラフィックの安全性が確保されます。


業種によっては、セキュリティに関する固有の規制が設けられている場合があります。ポリコムは、そのような業種の関係機関や組織と緊密に連携し、こうした規制への準拠とお客様の利便性を両立するソリューションを提供しています。

また、お客様には自社システムの監査を行い、セキュリティの脆弱性を特定することを奨励しています。サポートが必要な場合は、プロバイダーまたはポリコム プロフェッショナル サービスにお問い合わせください。

厳格なセキュリティニーズへのポリコムの対応については、次のリンク先を参照してください。


「Cameras May Open Up the Board Room to Hackers」(英語)
2012 年 1 月 23 日のニューヨークタイムズ紙に、ポリコム、シスコ、Lifesize、およびソニーの一部のビデオ会議端末の自動応答機能について、潜在的なセキュリティ脆弱性への注意を促す記事が掲載されました。