国立大学法人筑波大学 様

導入製品


国立大学法人筑波大学 様

Challenge

国立大学法人鹿屋体育大学との連携による体育・スポーツにおける共同専攻の設置を目指し、遠隔地同士を現場の負担なく円滑に連携できる教育インフラの整備が必要不可欠に。

Solution

遠隔講義を行うためのPolycom HDX 8000 ビデオ会議システムおよび講義収録システムを各教室に設置し、パブリッククラウド上で提供されている教育支援システムとのシームレスな連携を実現。また共同専攻におけるカリキュラムの作成会議や学位論文の審査などの際にもビデオ会議システムにて遠隔会議を実施。

Result

少人数による運用を可能にし、現場に負担をかけない「ゼロエフォート」な仕組み作りを実現。教育の質の向上を目指し、鹿屋体育大学との共同専攻に向けた第一歩を踏み出すことができた。

用途

  • 遠隔講義
  • 共同専攻のためのカリキュラム作成会議
  • 学位論文の審査会議
  • 日常的な打ち合わせやミーティング

【導入の背景】 他大学との共同専攻を実現するためのプロジェクトが始動

日本初の高等教育機関として1872年に創設された師範学校を祖とし、1973年に誕生した筑波大学。あらゆる面で「開かれた大学」となることを目指しながら、「柔軟な教育研究組織」と「新しい大学の仕組み」を率先して実現することを基本理念に掲げている。幅広い学問分野を有した総合大学として現在教職員および学生あわせて25000人あまりが在籍しており、学び舎の中心となる筑波キャンパスは、東京ドーム55個分にも及ぶ広大な敷地を誇っている。

そんな同大学では、これまでにも多くの外国の大学との間で共同教育を行ってきているが、さらに平成24年度国立大学改革強化推進事業として、国立大学法人鹿屋体育大学と体育・スポーツにおける共同専攻の設置を目指したプロジェクトをスタートさせた。

【導入決定のポイント】 現場に負担をかけない「ゼロエフォート」な仕組み作り

広大なキャンパスの同大学では以前からeラーニングを中心としたLMS(Learning Management System)が導入されている。「キャンパス内の移動など教職員や学生の負担を減らすべく、オンライン講義やオンデマンドによる教育コンテンツ配信など教育インフラのあるべき姿の議論を進めてきました」と語るのは、筑波大学システム情報系教授にして、全学LMSを取りまとめている教育クラウド室の室長の加藤 和彦氏だ。また、今回のプロジェクトについて体育系教授中川 昭氏は「鹿児島にある鹿屋体育大学と我々だけが国立大学では体育・スポーツ関連の学部を持っており、“東西の雄”として物理的に距離のある2校が1つのカリキュラムを共同運営するという次世代の教育環境を作るためには、遠隔講義用に遠隔地同士を円滑に結ぶ教育インフラが必要でした」とその経緯を語る。

今回のプロジェクトでは、少人数の教育クラウド室のメンバーで運用でき、かつ教員に負担がかからない「ゼロエフォート」な仕組みを模索。また、距離を意識せず自然な講義が行える高度なコミュニケーションインフラを検討し、その中で注目したのがポリコムのビデオ会議システムだった。「以前からポリコムを使って学会や他大学との遠隔講義の実績があり、我々にとって一番安心感のあるシステムです」と語るのはシステム情報系准教授 阿部 洋丈氏だ。また、体育の分野で利用するため、先生や学生の動きを遠隔で確認するための高精細な映像品質も要件として挙がり、結果、同大学が求める遠隔講義のインフラとしてさまざまな要件を満たすポリコムのビデオ会議システムが選ばれた。

【現在の運用状況】 共同専攻のカリキュラムに欠かせないビデオ会議システム

現在、多地点接続装置 Polycom RMX 1500を中心に、遠隔講義を行う教室にPolycom HDX 8000 ビデオ会議システムと講義収録システムを設置。さらにパブリッククラウド上に展開する教育支援システムと収録したコンテンツを連携させ、授業に参加できない学生もeラーニングとして閲覧できる仕組みになっている。「学内外を意識させないシームレスで透明感のあるハイブリッドクラウド環境を構築しています。」とシステム情報系助教 長谷部 浩二氏は説明する。

このほかビデオ会議システムは、共同専攻に向けたカリキュラム作りのための会議や学位論文の審査などを鹿屋体育大学と共に行う必要があり、「講義だけでなくさまざまな場面でビデオ会議システムを使っています。これがないと共同専攻の運用そのものが成り立ちません」と中川氏は力説する。さらに、日本スポーツ振興センターや東京キャンパスもつないでの会議などにも利用予定だ。

本格的な活用をひかえ、「我々のキャンパス同士ではすでにクリアな音声と鮮明な映像が維持できており、満足しています。鹿屋体育大学との連携では、一部回線の細い部分もありますが安定した映像と音声品質を維持できています」と加藤氏は語る。

【今後の展望】 反転授業など新たな教育スタイルへの挑戦も後押し

今後について中川氏は「まずは実際の体育講義の中で使っていきながら活用の幅を広げていきたい」と、加藤氏は「他大学との連携をはじめ、教員同士が行う授業参観のFD(Faculty Development)を通じて、教育の質をさらに高めていきたい」と期待を寄せる。また、蓄積されたコンテンツを外部公開するオープンコースウェアの活動はもちろん、日常的な講義の復習や昨年収録した講義を事前に見た上で講義に臨む「反転授業」などの活動にも役立てていきたいと加藤氏。

今回の共同専攻プロジェクトは、1つの専攻を2つの大学で行うという先進的な取り組みで、文部科学省の中でもパイロット的な先進事例だ。この共同専攻により、場所や時間に縛られず専門性の高い教育を多くの学生に提供できる環境が整った。次世代教育の可能性をさらに広げる筑波大学の挑戦を、ポリコムのビデオ会議システムが今後も下支えしていくことだろう。

国立大学法人筑波大学

設立:1973年10月

筑波キャンパス:

〒305-8577 茨城県つくば市天王台1-1-1

代表:筑波大学長 永田 恭介

概要:日本初の高等教育機関として1872年に創設された師範学校を祖として、1973年に新構想大学として誕生。あらゆる面で「開かれた大学」となることを建学の理念とし、従来の観念に捉われない「柔軟な教育研究組織」と次世代に求められる「新しい大学の仕組み」を率先して実現することを目指している。

(導入時期:2014年4月/取材時期:2014年7月)

http://www.tsukuba.ac.jp/