東邦高等学校 様

ビデオ会議による事前交流により、これまで以上に濃密な国際交流が可能に

Challenge

2年に1度開催される姉妹校との国際交流会を有意義なものにするために、事前準備の段階から積極的に交流できる環境作りを模索。教師による管理監督のもと、遠隔地同士を繋ぐためのコミュニケーションインフラが必要に。

Solution

Polycom HDX 7000ビデオ会議システムを導入し、ニュージーランドとの接続を可能に。視聴覚室や会議室など複数の場所でも活用できるよう可動式の筐体を設置。

Result

事前交流が功を奏して、交流会当日には打ち解けた関係があり、これまで以上に濃密な交流が可能になった。日本にいながらにして姉妹校との国際交流が実現し、新たな可能性の扉を開いた。

用途

  • 交流会に向けた進捗確認などの事前準備
  • 画面を通じて行う海外教育事情の視察
  • 日常的に行われている英語授業の一環

 【導入の背景】 姉妹校との国際交流をより濃くするためのチャレンジ

 1923年に「真に信頼して事を任せうる人格の育成」を建学の精神に掲げ、「真面目」を校訓として創立された東邦高等学校。学校法人東邦学園によって設置されている同校は、甲子園出場など数多くの実績を持つ野球部をはじめとした全国レベルの部活動や企業へのインターンシップなどを通じて職業意識を学ぶキャリア教育に力を入れている。また、国際交流や平和教育を旨とした国際理解教育を推進しており、グローバル人材の育成にも積極的だ。

 そんな同校では、ニュージーランドやオーストラリア、中国にある姉妹校とともに、特定のテーマに沿ってプレゼンテーションを行いながら、答えが一つでなく、多様な答えが出され得る課題について一緒に考える「4か国5校_姉妹校交流会」を2年に1度のペースで開催している。前回は2012年に開催されたが、その交流会の中で「2週間の貴重な交流会をより有意義なものにするために、事前準備の段階から交流できる環境を整備していくことが合意されました」と 国際交流室長にして英語科教諭の伊藤 保憲氏は当時を振り返る。

【導入決定のポイント】 高品質な映像と音声が魅力のポリコムを国際交流基盤に採用

 これまでの交流会は、特定の時期にのみ開催されるイベント的なものだったが、自分の国にいながらにして日常的に国際交流できる環境を模索した伊藤氏。そこで注目したのがビデオ会議システムだった。「ニュージーランドでは教育におけるICTの活用が進んでおり、他の高校の授業をビデオ会議システムで受講し単位取得できる制度などもあります。ぜひ我々も採用したいと考えました」。Skypeなどの選択肢もあったというが「生徒同士で直接やり取りしてしまうと我々のほうで状況が把握できませんし、参加者全員が一緒になって交流できるインフラ作りが必要でした」と伊藤氏。

 そこで、事前交流に適したコミュニケーション基盤として選ばれたのがポリコムだった。接続先であるニュージーランドの姉妹校が既にポリコムを導入していたことも理由のひとつだが、「事前にデモ環境でニュージーランドと接続したところ、相手の顔がはっきり映り、声も鮮明に聞こえる。距離が離れていても自然なやり取りができ、私自身がとても楽しむことができたのです」と伊藤氏は評価する。その場に校長や教頭も同席していたが、新しい世界が広がる可能性を感じられたという。また、世界的に高いシェアを持っているポリコムに対する将来性についても選定のポイントに挙げている。

【実際の運用状況】 国際交流の更なる環境作りに大きく貢献

 現在は可動式のラックにPolycom HDX 7000 ビデオ会議システムが設置されており、国際交流室をはじめ、視聴覚室や会議室などのスペースでも接続できるようLAN環境が整備されている。実際には2014年4月に開催された交流会の事前準備として2014年2月に初めてニュージーランドとの接続を実施、それ以降は交流会に関する打ち合わせやプレゼン資料作成の進捗状況を確認するといった事前交流が行われていったという。「生徒の顔がとても生き生きしていたのがとても印象的でした。普段体験したことのない環境の中で、鮮明な映像とクリアな声で相手と会話するということにわくわくしたようです」。日本人はシャイで打ち解けるまでに時間がかかる傾向があるが、事前交流していたことで交流会当日はすでに友達の関係が築けており、これまで以上に濃密な交流が可能になったと評価する。

 他にも、ビデオ会議システムを使うなどICTの活用が進んでいるニュージーランドの授業風景を東邦の教職員に見てもらったり、英語の授業の中で姉妹校に接続して生の英語を聞くことで生徒が自分の発音を見直す気づきになったりと、日常的な国際交流の場を作り出す強力なコミュニケーション基盤となっている。

 ポリコムの使い勝手について伊藤氏は「これまで大きなトラブルもなく安定稼働しており、実際の操作も迷うことなく使うことができます。国際交流の場を作る最適なツール」と評価する。「地球を教室に」をキーワードにした国際交流に、ポリコムのビデオ会議システムが欠かせないものとなっている。

【今後の展望】 国際交流を日常化するための活動に注力

現在はニュージーランドとの1対1の接続だが、将来的には他の姉妹校との接続も検討している。また、美術科での共同作品作りや大学との連携を行うSPP※1、スポーツ分野での活用など、さまざまな活用アイデアがあるという。「グローバル教育推進委員会という活動の中で、グローバル人材をいかに育成していくのか議論が進められています。学校全体でのICT見直しも含めて、さらにビデオ会議システムを国際交流の場面で日常的に使える環境にしていきたい」と伊藤氏。そのためにも、伊藤氏が率先して授業の中で活用していくとその意気込みについて語っていただいた。

※1:Science Partnership Project

東邦高等学校

創立:1923年3月

所在地:

〒465-8516 愛知県名古屋市名東区平和が丘3丁目11番地

校長:長沼 均俊

活動内容:「真に信頼して事を任せうる人格の育成」を建学の精神に掲げ、「真面目」を校訓として1923年に創立。甲子園出場など数多くの実績を持つ野球部やサッカーなど全国レベルの部活動やインターンシップをはじめとしたキャリア教育に注力。また、姉妹校交流をはじめとした国際交流や平和教育を通じた国際理解教育を推進しており、グローバル人材の育成にも積極的。

http://www.toho-h.ed.jp/