株式会社スクウェア・エニックス 様

導入製品


国内外及び社内外問わず接続、活用用途は多岐にわたる

Challenge

本社移転に際してコミュニケーション基盤の刷新を計画。国内にある開発委託先やゲーム機を提供するプラットフォーマーとの接続はもちろん、海外にある自社拠点や外注先、パートナーも含めた、グローバルな環境で臨場感溢れるコミュニケーション基盤の整備を希求。

Solution

国内のデータセンターに設置された多地点接続サーバーを中心に、Polycom HDX 7000が東京本社や大阪支社、東京都渋谷区初台にある品質管理部門にそれぞれ設置されており、イギリスやアメリカ、カナダ、中国など多くの拠点にもビデオ会議システムを設置。高精細な映像を用いたコミュニケーション基盤の整備を実現。

Result

日常的な業務に関連した活用をはじめ、外部とやり取りする品質管理部門で積極的に活用。マネージャーミーティングや海外での面接活動、海外赴任のリスク講習など様々な用途に活用されており、役員や従業員の様々な時間を有効に使うことができ、移動時間などの無駄を省くことに貢献

用途

  • 海外拠点との会議
  • 管理部門など一般的な業務に関連した会議
  • 経営トップの声を直接届けるマネージャーミーティング
  • 取引先との品質管理部門に関する打ち合わせ
  • 開発部門による委託先とのミーティング
  • 日本から行われる海外拠点の採用面接
  • 海外赴任に際してのリスク講習

 

【導入の背景】 本社移転に際してコミュニケーション基盤の再構築を図る

「ドラゴンクエスト」シリーズや「ファイナルファンタジー」シリーズなどのビッグタイトルを、様々なプラットフォーム向けに提供している株式会社スクウェア・エニックス。ゲームソフトやソーシャルゲーム、オンラインゲームの開発や運営を行うデジタルエンタテインメント事業を中心に、業務用ゲームの企画・開発を行うアミューズメント事業、コミックやゲーム攻略本などを手掛ける出版事業、フィギュアやキャラクターグッズなどの二次的著作物の企画・制作及びライセンス許諾を行うライツ・プロパティ等事業など、エンタテインメントに関わる幅広い領域に事業を展開している。

近年では欧米のみならず、東南アジアや中南米など成長市場に向けてゲームを配信する機会も増えており、「成長が見込める市場への展開はゲーム業界においては不可欠となっています」と総務部長 岡田 大士郎氏は語る。

そんな状況の中、2012年に本社の移転計画が新たに持ち上がった。そこで岡田氏は、ビジネスを強力に推進するためのコミュニケーション基盤の再構築に取り掛かることになる。

【導入決定のポイント】 使い勝手の高さとグローバルで標準化できるデバイスが魅力

以前から音声会議を利用していた同社だが、「相手の顔を見たり資料を共有したりしながら、同じ目線で一つの議題について話し合えるメリットは大きい」と環境作りのポイントを岡田氏は力説する。同時に、ゲーム制作現場においては専門性の高い外注先が世界中に存在しており、遠隔地とのスムーズなコミュニケーション基盤の整備が早急に求められていた。

そこで同社の目に留まったのが、ポリコムが提供するビデオ会議システムだった。総務部 オフィスサービス/ファシリティ チーフの小谷 克仁氏は「以前から活用させていただいており、使い勝手の良さは実感していました」と語る。外部クリエイターとの打ち合わせに無料のインターネット電話サービスなどを利用する機会もあるというが、ネットワークの影響を差し引いてもポリコムのビデオ会議システムの音質が圧倒的に優れていると現場でも評判になっていた。

また、グローバルで標準化できるデバイスが求められていただけでなく、長時間利用で安定した性能を発揮しながら社外とも柔軟に接続できるハードウェアという観点でも高く評価。結果として、高精細な映像を用いたコミュニケーション基盤の中核にポリコムのビデオ会議システムが採用されることになる。

 

【実際の運用状況】 国内外及び社内外問わず接続、活用用途は多岐にわたる

現在は、データセンターに設置された多地点接続サーバーを中心に、Polycom HDX 7000 ビデオ会議システムが東京本社や大阪支社、品質管理部門のある初台にそれぞれ設置されており、イギリスやアメリカ、カナダ、中国など多くの拠点にもポリコムのビデオ会議システムが導入されている。「現地調達が可能でサポートが受けられるのは非常に重要」と小谷氏。なお、本社にある多数の会議室にPolycom SoundStation 音声会議システムが設置されている。

用途については、現在は音声会議からビデオ会議に移行する過渡期にあり、一般的な業務に関連した会議が主なものだ。「法務・知財部門などでは、ホワイトボードに情報を書き出しながら議論することも。ズームアップしたらこんなにきれいに見えるのかと驚嘆の声があがったこともあります」(総務部 オフィスサービス 鈴木 宏之氏)。

中でも活用頻度が高まっているのが品質管理部門だ。「プラットフォーマーや外部のデバッグ会社などでは以前からビデオ会議端末が導入されており、社外とやり取りする機会が多い。まるで〝スポンジが水を吸うよう”に、活用頻度は飛躍的に高まっています」(小谷氏)。同様に、開発を外部に委託する機会の多い開発部門でも、取引先とのやり取りが増えつつあるという。

他にも、経営トップからの声を直接届けるマネージャーミーティングをはじめ、海外赴任に向けたリスク講習、海外拠点の採用面接など様々な用途に活用されている。「我々が意図していなかった様々な目的に利用してもらえているのはうれしい」(総務部 井上 治氏)。

また、2013年6月より外国人が初めて経営陣に加わることになり、ビデオ会議の重要性はさらに高まっているという。「役員クラスの海外からの移動時間などのロスを最小限におさえることが可能となったことは大変メリットが大きい」(小谷氏)。

【今後の展望】 他システムとの連携を実現しながら遠隔地との空間共有を加速

今後について小谷氏は、「ユニファイドコミュニケーションの一環としてMicrosoft Lyncなど他システムとの連携をさらに加速していきたい」と語る。また、シーンごとの要件をカバーした操作マニュアルの作成をはじめ、動画配信システムとの連携やグループ会社を含めたMCU活用など、様々な施策を検討している状況だ。

さらに、ビデオ会議システムを用いた空間共有にも挑戦していきたいと岡田氏。「遠隔地同士を常時接続し、まるで隣で働いているかのような環境を作り出すことで生まれる、物理的な場におけるソーシャライゼーションを整備していきたい」。

2013年8月にはグローバルベースで「ファイナルファンタジーXIV」のサービスが開始されたが、欧米を含めたコミュニティ&サポートを行う部隊の連携がこれまで以上に重要になってくる。今後もコミュニケーション基盤としてビデオ会議システムが存在感を増してくるだろう。

 

株式会社スクウェア・エニックス

設立:2008年10月1日

本社所在地:〒160-8430 東京都新宿区新宿6-27-30

代表:代表取締役社長 松田 洋祐

活動内容:主にゲーム開発・運営を行うデジタルエンタテインメント事業をはじめ、業務用ゲームの企画・開発を行うアミューズメント事業、コミックやゲーム攻略本などを手掛ける出版事業、フィギュアやキャラクターグッズなどの二次的著作物の企画・制作及びライセンス許諾を行うライツ・プロパティ等事業など、エンタテインメントに関わる幅広い領域で事業を展開。

(導入時期:2012年10月/取材時期:2013年9月)

http://www.jp.square-enix.com/