株式会社オークローンマーケティング 様

導入製品


ワークスタイルの見直しと、他社ソリューションとの連携で 最良な顧客体験を支援するコミュニケーション基盤を構築

Challenge

以前より複数の拠点をビデオ会議システムで接続し、円滑なコミュニケーション環境を構築してきたが、長年利用してきたことで性能的に限界を迎えていたため、新たなコミュニケーション基盤の構築に乗り出す。

Solution

多様なコミュニケーションやコラボレーションができるようにオフィス環境を見直し、Polycom RMX 2000多地点接続サーバーを中心にPolycom RealPresence Group 500ビデオ会議システムを導入。併せてスチールケース社(米国を本社とするオフィス家具メーカー)のオフィス家具も採用し、コラボレーションスペースなどのレイアウト面からもさまざまな状況に応じて選択できる快適なコミュニケーション環境を構築。

Result

コミュニケーションが活性化され、簡易な操作性で役員からも高評価。ワークスタイル変革を強力に推し進める起爆剤に。

用途

  • 仕入先となる海外拠点とのコミュニケーション
  • コールセンター向けの新商品導入時の研修や商品展開における対処法の共有
  • 売上、受注状況など数字の進捗確認
  • 役員会議、他オフィスとのチーム会議
  • デジタルサイネージを活用した全社員へのメッセージ発信
  • 採用面接


【導入の背景】 以前から導入してきたビデオ会議の性能が限界に

 テレビショッピングを中心に「ショップジャパン」ブランドを展開する株式会社オークローンマーケティング。家電やフィットネス、美容、レジャーなどさまざまなカテゴリの商品を市場に送り出しており、伝統的なテレビショッピングに頼らないオムニチャネル戦略を実施することで最良な顧客体験を提供している、通販業界を強力に牽引する存在だ。

 同社では子会社も含め、名古屋本社、東京オフィスを中心に、大阪、九州、アメリカのシカゴ、中国の深圳にオフィスを展開しており、札幌には自社のコールセンター、千葉には商品の配送拠点となるロジスティクスセンターを有している。これらの拠点同士で円滑なコミュニケーションを実現するため、以前からビデオ会議システムを活用してきた。

しかし、長年利用してきたことでシステムにトラブルが発生しても部材の調達が難しくなり性能的にも限界を迎えていたため、新たなコミュニケーション基盤を構築することになった。

【導入決定のポイント】 品質だけでなくMicrosoft Lyncとの親和性や他メーカー製品との接続の容易性を重視

 ワークスタイル変革を実現するためにユニファイドコミュニケーション基盤となるMicrosoft Lyncを導入している同社。「メールがコミュニケーションの主体になるとスピードが失われ業務効率の低下を招く懸念も。そこで現在は、内外線電話をすべてMicrosoft Lyncに集約しています」と語るのはITディヴィジョン 次長 勝又章久氏だ。1対1の会議についてはMicrosoft Lyncが利用されているが、皆が会話に参加できる複数人の会議には専用端末を利用した高品位なビデオ会議ソリューションが求められたという。

 そこで同社の目に留まったのがポリコムだった。「ポリコムの多地点接続サーバー(MCU)を実際に使ってみたところ、さまざまな点で秀でていることがわかったのです」(勝又氏)。全社インフラとして展開されているMicrosoft Lyncとの親和性だけでなく、品質や操作性、さらには他メーカーのビデオ会議システムを数多く使用していたため、当面の間、それらの他社システムとの接続の容易性も大きな要件だった。これらのさまざまな観点から考慮された結果、NTTコミュニケーションズ社のサポートを受け、ポリコムのビデオ会議ソリューションが同社のコミュニケーション基盤として採用されることになった。

【実際の運用状況】 臨場感のある多様なコミュニケーションがワークスタイル変革に貢献

 現在は上記の構成図のようにさまざまな要件に対応するコミュケーション環境が構築され、社内外関係なく、活発なコラボレーションを実現している。また、全社員へのノートPC配付を完了し、フリーアドレス化を推進。コミュニケーションを含む業務の多くをノートPCで完結できるようにした。さらに、オフィス内にオープンな遠隔とのコラボレーションスペースを確保するため、ビデオ会議システムとともにスチールケース社の「media:scape」を導入。

誰でも気軽に会話に参加できるようになり、同社のワークスタイルは大きく変わりつつある。ビデオ会議の活用シーンとしては、新製品に関する商品説明やトラブル時の対処法などをコールセンターと共有したり、売上や受注状況など数字の進捗確認を共有したり、オフィスに設置されたデジタルサイネージに全社員に向けて会議風景を配信したりするなど、その用途は多岐にわたっている。映像及び音声の品質については、専用端末はもちろんのこと、モバイル環境で利用するRPMには驚きを隠せないと勝又氏。「たとえ3G回線や海外からのアクセスであってもMCUが自動的に最適化して各拠点を接続してくれるので、抜群の品質が確保できています」。役員が出張時などに社外からiPadで会議に参加することもあるというが、手順がシンプルで簡単に使えると評判だという。他にも、システムの起動のスムーズさや、大きめの会議室に導入したPolycom EagleEye Directorにより発言した人が自動的にズームアップされるため「相手の表情が見えて臨場感があります」など、さまざまな優れた使用感を評価する勝又氏。

【今後の展望】統一された環境に整えていくことで、さらなる活用を目指す

 今後の展望について勝又氏は「現在は東京オフィスを中心に導入されていますが、他拠点も含めて、コミュニケーションをさらに活性化させ、成功するオフィス環境づくりをめざしていく予定です」と語る。また、自社環境を社内に浸透させ、より多くの社員が緊密で効率的なコミュニケーションが図れる環境に育てていきたいと勝又氏。他にも自宅を含めたあらゆる環境から会議に参加できるようにするなど、ビジネスの成長を目指し、ワークスタイル変革へのさらなる挑戦を今後も続けていくと語っていただいた。

株式会社オークローンマーケティング

設立:1993年5月

所在地:〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜1-13-3 NHK名古屋放送センタービル14F

代表者:代表取締役社長 ハリー・A・ヒル

事業内容:テレビショッピングを中心に「ショップジャパン」ブランドを展開、家電やフィットネス、美容、レジャーなどさまざまなカテゴリの商品を世に送り出しており、伝統的なテレビショッピングに頼らないオムニチャネル戦略を実施することで最良な顧客体験を提供している