Loading...

Workplace of

the Future

柔軟な働き方 - 世界の動向

リモートワークを含む柔軟な働き方が世界で広まっています。
働き方の性質は劇的に変化し、欧米などの先進諸国に限らず、全世界で、どこでもコラボレーションができる環境が整えられ、めざましい進歩を遂げています。

90%

85%

77%

72%

リモートワークは増加しています。
グローバルでかなりの割合の雇用主がリモートワークという選択肢を提供もしくは広げています。1,2

71%

71%

50%

人々は週に 1 回もしくはそれ以上、
自宅で働いています 3,4

2022 年 グローバル予測

2022 年 グローバル予測

ワークプレースの技術的進歩により、2022 年には現在オフィス勤務の社員の 60%が定期的に自宅勤務をするようになるとイギリスの Virgin Media Business は予測しています 5

現在、アメリカでは 3000 万人が少なくとも週 1 回以上自宅勤務をしていますが、2020 年には 63% 増え、5040万人になると言われています 6

最先進国の中国では、働き手の (69%) がどこでも、さまざまな端末で働ける環境を実現しており、僅差でアメリカが続いています 7

人々にどこでもさまざまな端末で働くことを
積極的に推奨している国 8

アメリカと中国の会社の 48%が推奨
世界平均の 29%を大きく上回っています

世界平均 -
企業の
29%

最下位はイギリスで、たった 13% の会社しかモビリティを推奨していません

しかし、「いつでも、どこからでも、さまざまな端末でコラボレーションを」への原動力は何でしょうか?

社員の強化

近年、社員の要求は以前よりも高くなり、社員の忠誠心を養うことは多くの企業にとって困難になっています。
前の世代とくらべ、未来の働き手は金銭的な報酬よりも自主性や柔軟性を気にします。優れた社員は勤務時間や場所、時間の柔軟性があるほうが課題に取り組みます。

人材と雇用の保持

2/3

世界的に有能なリーダーの
3人に2人が移動を好みません 9

41%

41% の社員/人が就職する時に柔軟な働き方ができることを重要である、もしくは就職を決める時にとても重要だったと述べています10

9/10

Y世代(1978 年から 1990年代半ばにかけて生まれた世代)は柔軟な職場環境を最優先に掲げ、トレンドとしています 11

ワークライフバランス

95%

ミレニアル世代の 95% がワークライフバランスはとても重要と言います 12

69%

社員の 69% がフレックスタイム制は業務上のストレスを軽減するのに重要であると述べています 13

男女の役割

28%

女性の 28%
フレックスタイム制を希望しています14

高い柔軟性を達成するために、
雇用主は社員に適切なテクノロジーソリューションを提供する必要があります

テクノロジー

コラボレーションソリューションに求められる接続性は、世界的に進む都市化や市町村の連携が柔軟な働き方の円滑化をサポートしていることを意味します
ビジュアルコミュニケーションにおけるテクノロジーの向上は、より優れた接続性やどこからでも自然で効果的にコラボレーションがしたいという強い熱意の表れでもあります

2015

2050

今日、世界人口の半分以上が都市部に住んでいると言われていますが、2050 年までには、70% になるといわれています15

2012 年だけで、インドのモバイルデータ通信量は 90% 増加しました16

ミレニアル世代の 78% が、テクノロジーの活用により、さらに効果的に仕事ができるようになると言います 17

2025 年までに、
世界的成長の 8% は、
途上国市場の大都市 (人口 1 千万人以上) からもたらされます18

テクノロジーは、柔軟な働き方のポテンシャルを引き出すために必須です。

56% のビジネスリーダーやマネージャーが、2016 年はビデオ会議が最も好ましいコラボレーションツールになるだろうと述べています 19

1/3 の人がモバイル技術への投資不足は、柔軟な働き方の実現への一番大きな障壁になると述べています 21

ビジネスリーダーやマネージャーは 2016 年には、ビデオ会議が最も好まれるコラボレーションツールになると予測 22

世界の大企業に勤める社員の83%が、ビデオ会議ソリューションを自宅で使用していると述べています 23

遠隔とのコラボレーションに最も効果的なテクノロジーはウェブ会議 (27%) であるという結果に次いで、25% の企業がビデオ会議だと述べています。20

複数拠点から参加するコラボレーションや自由なコラボレーションができない主な理由はテクノロジーへの不信感であると23%近くの人が言及するのは、実は、新たなテクノロジー導入や変化への抵抗心などの企業風土によるものと言われています 24

能力のある社員や適切なテクノロジーソリューションがある企業は、柔軟なリモートワークの導入によりビジネスメリットが得られると期待されています

ビジネスメリット

未来のワークプレースは生産性の上に成り立っています。
今、国々は時代遅れの労働慣例により、ビジネスや社員の潜在的価値を最大限に引き出すことに失敗しています。
企業は柔軟な働き方が、コスト削減、生産性の向上、迅速な意思決定、より良い効率性などがもたらされる、目に見えるメリットであることを理解します。

柔軟な働き方という特典の引換えに
低めの給料になることを希望する人の割合

イギリス
スペイン
日本
アメリカ
インド
ブラジル

社員ひとりの流出による経費平均は $12,700ドルで、幹部社員になると $18,600ドルに増えます。26

企業の意思決定者の2/3 (66%)が、運用コストを削減するよりも柔軟な働き方を実現するほうが財務的影響が大きいと述べています。27

企業はリモートワーカーの生産性が 39% 改善していることからも、ビデオコラボレーションは柔軟な働き方の戦略に貢献していると述べています 28

ひとつの組織のさまざまな部門・職位の 85% 以上の回答者がビジネス目標やゴールを達成するためにビデオ会議は効果的であると信じています 30

Buro Happold 社のエンジニア 90% 強の人員にビデオコラボレーションとリモートワークを可能にしたところ、3,000 時間/月の生産性向上と 39 万ドル/月の節約という結果に 31

47%の社員がリモートから働いている Aetna 社では、823,000 平方メートルのオフィススペースが不要となり、7800万ドルを節約 29

1980 年代以降、BT は柔軟性を実現するために物的インフラを導入してきました。今日、BT は 7 万人のフレキシブルワーカー(柔軟な働き手)を雇用し、年間 10 億ドル程の資産を節約し、60%欠勤を削減 32

どこからでも自然なコラボレーションを可能にする柔軟なリモートワーク環境の実現のための課題は、適切なソリューションにより解決できます。未来の働き方を最大限活用することは、ビジネスにも大きなメリットをもたらします。

日本の場合

ワークスタイル変革

真のダイバーシティを目指して - ワークスタイル変革は、育児・介護などの支援のためだけでなく、
あらゆる部門にいるより多くの社員に幅広くもたらされるべきものです。