コンテンツコラボレーションを
始めましょう

距離やタイムゾーンにかかわらず、世界中のチームメンバーと協力してアイデアを創造しましょう。誰とでも一貫したクリアなコミュニケーションをとれるポリコムコンテンツおよびメディアソリューションが、組織のつながりを強化し、情報共有を後押しします。

コンテンツコラボレーションを始めましょう

マルチメディアコンテンツを使用してグローバルチームの連携を強化できます。

より簡単にコンテンツを共有

日ごろ、どのようにコンテンツ共有していますか?
一人ずつコンテンツを共有しなおしていませんか?
Polycom Pano があれば、最大4つまで同時共有が可能です。

製品

+Expand

コンテンツ共有

メンバーの所在場所に関わらず、チームでコンテンツを確認し検討しながら開発できます。 ポリコムソリューションを使えば、まるで同じ部屋にいるかのような自然な情報共有が可能になります。

その場にいるような臨場感をもたらすコラボレーションツールを使って、アイデアを生み出しましょう。 簡単な画面共有で、離れた場所にいるメンバー間でより効率的に戦略を練ったり、ブレインストーミングやプランニングを行えます。 ホワイトボードや液晶画面をビデオシステムに統合してインタラクティブなホワイトボード空間に変えることで、誰もが任意のデバイスを使ってリアルタイムにコラボレーションすることができます。

次世代のコンテンツを創造し活用

コンテンツの作成、共有、ストリーミングを簡単に行えるようにして、チームを強化しましょう。ポリコムソリューションが、作業スペースを編集スタジオへ、従業員を映像制作者へと変えます。同時に複数のドキュメントを表示したり、アノテーション (注釈の書き込み) を行うことができるようになります。あるいは、ホワイトボードや液晶画面をビデオシステムに統合してインタラクティブなホワイトボード空間にすることもできます。

会議中に再生

ビデオコンテンツ管理システムにより、動画も簡単に共有できます。ポリコムの画像キャプチャリング技術とビデオ コラボレーション システムにより、誰でも簡単にビデオコンテンツを共有できます。

複数ドキュメントの共有

一度に 1 つの資料もしくは画面しか共有できないのは、効率的ではありません。ポリコムのマルチストリームコンテンツ共有技術により、複数のドキュメントや画面を同時に共有できるので、会議がよりインタラクティブかつ生産的になります。

誰でもコンテンツを共有

どのように会議に接続しているかにかかわらず、すべての参加者がビデオコンテンツを共有し、受信することが可能になります。ポリコムのコンテンツ共有技術により、ルームシステムのユーザー、音声のみの参加者、Microsoft UC クライアントを使用しているすべての参加者が、コンテンツを共有したり受信することができます。

複数ユーザーによるコンテンツへのアノテーション (注釈の書き込み)

コラボレーションセッションでは、メンバーが画像、図、文書などへ書き込みながら進める場合が多くあります。ポリコムの UC Board 技術により、会議の参加者は一般的なホワイトボードや液晶モニターを使用して、コンテンツ上に書き込んだり、ホワイトボードを共有したりできます。